ロゴ 自家焙煎珈琲 百豆 ロゴ 自家焙煎珈琲 百豆

おいしい保存方法1

コーヒーだって生鮮食品。お肉や野菜と同じにネ。

1、保存のいれもの

焙煎直後から1週間くらいは二酸化炭素(ガス)が出続けます。百豆のコーヒーは焙煎して5日以内の豆のみを販売しています。その為、売っている状態は真空パックや密閉することができません。ご自宅では、開封したら密閉容器へ移し変えての保存をお勧めします。

2、保存場所

劣化の一番の原因は温度です。豆・粉とも冷蔵庫の保存をお勧め致します。
もちろん、冷凍庫でも構いませんが、頻繁な出し入れ(温度差)は吸湿することもありますので、かえって劣化の原因となってしまいます。どうしても長期保存する場合は密閉容器に移しかえてから、冷凍庫に入れてください。

3、おいしい時間

コーヒーは香りが命。特に粉の場合は表面積が多くなりますので、そこからどんどん香りが飛んでいってしまいます。なるべく、なるべく早くお召し上がり下さい。粉で2週間。豆なら1ヶ月くらいが目安です。

おいしい時間